Ferretアクセス解析

2009年06月30日

万葉恋歌 2(巻14・3463)

万葉恋歌 2(巻14・3463)

間遠くの 野にも逢はなむ 心なく 里のみ中に 逢へる背なかも

              東歌(巻14・3463)

<口語訳>
どこか遠い野原とかで会いたかったな
察しが悪いんだから
よりによって里の真ん真ん中で出会った いとしいお方

(「日めくり万葉集」より引用)






あなたの婚活応援します★【インワードエージェント】



あなたに運命の出会いがありますように。

あなたに幸せな出会いがありますように。

あなたに素敵なドラマがありますように。



人それぞれの出会い「運命の糸」 TOPへ戻る
ラベル:万葉集 恋歌
posted by コロリン at 14:36| Comment(0) | 万葉恋歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。